シミの原因は?

シミと紫外線


シミができる大きな原因のひとつとして『紫外線』があることはよく知られています。

紫外線を長時間浴びることで、活性酸素が活発になり、メラノサイト内でメラニンが作り出されます。このメラニンが皮膚表面に運ばれることでシミになるのです。

このメラニンは、シミの素だけでなく肌の細胞を紫外線から守る役割もしています。ですが、これも黒色メラニンを増やす原因にもなってしまうのです。

紫外線が原因となるシミは『老人性色素班(日光黒子)』と呼ばれ、シミに悩む方のほとんどがこの老人性色素班です。主に20~30代にでき始め、年齢を重ねると共にできやすくなります。




シミとターンオーバー


シミは本来、お肌のターンオーバーによって、メラニンが皮膚の表面に押し上げられアカとなって剥がれ落ちていくのですが、長く紫外線ダメージを受け、蓄積されてしまうとメラニンが過剰に作り続けられてしまいます。それによって、ターンオーバーのリズムが崩れがちになってしまい、排出がうまくいかず停滞してしまいシミが定着するのです。

ターンオーバーは、年齢や生活リズム、ホルモンバランスなどによって崩れがちになってしまいます。その崩れたリズムを正常に戻すには、定期的な正しいお手入れが必要になってくるのです。


1件の返信

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)